2016善友の集い_GLA合唱団の更なる深化

2016年の善友の集いに向けて、3月の初旬から合唱団プロジェクトがスタートしました。

練習の初日にはオーディションが行われたのですが、波乱の幕開けとなっていきました。

仕事で遅くなってしまい、何とか練習会場に到着すると、既にオーディションが始まっていました。
早速、誓願の書に取り組み、今回の合唱団に向かう願いを定めました。
その後、オーディションの順番待ちをしている間、お一人お一人の歌を聞かせて頂いたのですが、これまで何百回も歌ってきたはずなのに、「希望の故郷へ」の歌詞を間違えてしまう方が多くいらっしゃいました。

最初は不思議な感じがしたのですが、合唱ではなく、一人で歌うことに対して、もの凄く緊張されていることが伝わってきました。

順番が来て私も歌ったのですが、歌詞を間違えこそしなかったのですが、「どう見られているんだろう?」、「音程は間違っていないかな?」そういった不安が次々に浮かんできて、不安との葛藤の間にオーディションが終わってしまいました。
終わった後で、感想をお聞きすると、プロの方でも、普段の自分のコンサートよりも緊張したという方もいらっしゃり、多くの方が煩悩に飲まれて力を発揮できなかった後悔を深められていました。

菩提心合唱団は、発足当初から先生より、菩薩の心を音にすることをテーマとして与えて頂いていますが、菩薩の心は遙かに遠く、それぞれの煩悩のテーマが明確になったところからスタートしていきました。

菩提心合唱団では、神理の研鑽への取り組みをとても大切にされています。

これまで、止観シートへの取り組みは定着してきていたのですが、今回は更なる挑戦として禅定への取り組みを、更に深く実践することになりました。

禅定への取り組みは、10年ほど前から、セミナー等で取り組まれるようになってきていたのですが、当所、なかなか日々のライフスタイルとして継続することが困難でした。

私の場合は、生活実践に古くからの会員さんがいらっしゃって、信次先生の頃に行われていた禅定の話しをお聞きして、禅定の重要性を実感し、それから徐々にライフスタイルになってきていました。

禅定への取り組みは、セミナー以外の場で研鑽として取り組むことは殆どなかったのですが、菩提心合唱団として取り組むことになりました。
練習において、まず光を受けるための祈りを祈って、そのまま禅定に入っていきました。
ここまでは普段個人で取り組んでいる禅定と、ほぼ同じでした。
私の場合は心に浮かんでくる雑念を流していくと、魂としての自分自身が、天と地をつなぐ柱のようになっていくような感覚になっていきました。

禅定を解いた後で、禅定の落ち着いた心を保ったままで、力みをなくして、声を出していく発声練習に移っていきました。

「2016善友の集い_GLA合唱団の更なる深化」への2件のフィードバック

  1. NHK「ためして合点」で瞑想の効果について興味深く見てから座禅とか瞑想に興味を持ち名古屋市博物館での能登総持寺展覧会などで座禅体験などに参加しました。また臨済宗のお寺のページでも座禅を見ました、、あなたのページでも、、、座禅瞑想時の呼吸についての初歩的質問です。時間に余裕ができたら教えてくださると助かります。「呼吸は息を吸うとき腹をふくらます、息を出すときはへこます」一般的な腹式呼吸ですが、、、
    私は息を吸うときは腹がへこみ、息が出る時はよけいな考えや欲とともに出すのだから腹が少し膨らむと思うのですが、、、GLAではどうしてるのか教えてくださるとうれしいです。どのページでもこの呼吸法での具体的なことが書いてないので、、、。座禅は「道具」で自転車のごとく毎日練習すれば上達できると信じ実行してみたいので質問しました。花園大佐々木教授の本を愛読してます。 「神」のような不思議な超越者にすがれば、自分の苦悩はなくなると信じ切れませんが、、、自己救済のプログラムとしての座禅に興味を持ったのです。呼吸方法を教えてくださると助かります。

    1. >GLAではどうしてるのか教えてくださるとうれしいです。

      GLAのセミナー等で、呼吸法についても話されていた時には、最初に息を吐ききると、次に自然と吸気されるといったことは教えて頂きました。
      お腹を膨らませるかどうかについては、話されていたかも知れませんが、私は記憶していません。

      >座禅は「道具」で自転車のごとく毎日練習すれば上達できると信じ実行してみたいので質問しました。

      私も禅定に取り組むようになって、少しずつ大いなる存在とのつながりを感じられるようになってきました。
      「祈りのみち」で心を整えてから、禅定に取り組めていることが、とても大きいと感じています。

      http://www.sampoh.co.jp/takahashikeiko/shin-inori/

      >「神」のような不思議な超越者にすがれば、自分の苦悩はなくなると信じ切れませんが

      神様にいくらすがっても、神様は苦悩をなくしてはくれないように、超越者にすがっても、苦悩はなくならないと思います。
      先生は、菩薩と成りゆく修行の道を教えて下さっており、実践すれば菩薩への道を歩み深めることができると信じています。
      神理実践することによって、奇蹟のような「運命の逆転」を起こす方が、多数輩出されてきています。

      Webのだけでは、なかなか分からないので、一度体験されることをお勧めします。
      https://www.gla.or.jp/sp/studysessions/shiseijitu/2017NewYearGathering.php

コメントを残す